建物メンテナンス ひび割れ対応

ひび割れを見つけたら、ご連絡ください!

ひび割れは建築物の危険サインです。

強度を弱める“ひび割れ”は、セメントやペンキで隠しただけでは、その構造物の耐力低下を補えません。

 コンクリートに発生した「有害幅」とされている0.5 ㎜以上のひび割れは、構造耐力や耐久性、そして水密性や気密性などが低下したり、外観が損なわれたりするなど種々な有害現象が引き起こされると言われてます。

この様な「ひび割れ発生」によって予測される機能の低下を防いで、安心で安全な空間の提供に寄与することを目的としたのが私たちです。

“緊急対応”から“補修・補強”まで

欠損補修・剥落防止、コンクリートに発生している「水の浸み出し」・「サビ」対応など、コンクリート構造物や外壁仕上材はメンテナンス次第で長期の維持が可能となります。

土留め構造物
住宅基礎
外壁材の補修
よう壁の補修
大型施設床部補修
ビルの壁補修

私たちの誇れる実績

 震災発生時は公的建物や集合施設に係わるコンクリート構造物の補修補強が優先される傾向にあり、住宅は後対応になる傾向がありました。

私たちはそんな戸建住宅向けの対応を優先し、住宅メーカー様からのご依頼を含め200棟をゆうに超える戸建住宅の基礎コンクリートの補修補強対応を実施させて頂きました。

自動式樹脂低圧注入工法〜微細なひび割れにも対応〜

当社が施工する自動式樹脂低圧注入工法について

ひび割れ幅と樹脂の硬さには適合性があります。自動式樹脂低圧注入工法は、ひび割れの中の状態を推察しながら行うことが大切と考え、使用する樹脂の注入手順は『超低粘度→中粘度→高粘度』と、段階を踏まえて施工を行っております。私たちが施す自動式樹脂低圧注入工法は、効果を十分に発揮する専用器具と、状況に応じた樹脂の段階的な使い分けにより、安心のできる空間の提供に寄与します。

施工オペレーターとして大切なこと

注入工事の目的は、構造物の将来に予想される重大事故の防止にあるという意識を持ち、対価に値する仕事をするのだという意識を持つことが大切だと思います。

ひび割れの中は表面より大きくなっていたり、巣穴があったり、エフロやカビなどが付着していたりで注入による樹脂の接着には下地の環境が良くはありません。一種類の硬さの樹脂を一度だけ入れて全て完了では確実な注入工事とは言えません。


当社が使用する専用器具は、コンクリートに浸透性が高い超低粘度の樹脂からグリース状に至るまであらゆる種類の樹脂を簡単に追加注入できる構造になっています。常にひび割れの中野状況を想像しながら、そして重大事故防止の仕事をしているのだという意識を持って注入工事に関わりたいと思っております。

現場確認やご相談は無料です

コンクリートのひび割れのことなら何でもお気軽にご相談ください。

  • 戸建住宅における床下から進入しての基礎コンクリートの調査は、
    ¥20,000(税別)にて承ります。
  • 書面による調査報告書をご希望の場合には別途文書作成費\15,000(税別)が発生します。

    ※当工房所在地から10Kmを超える場所での調査は距離に応じて
     出張費を申し受けることを予めご了承ください。
  • モルタル造形 制作販売
  • モルタル造形 教室開催
  • モルタル造形 住宅・店舗等への施工
  • 建物メンテナンス 営繕修繕
  • 建物メンテナンス ひび割れ対応
モルタル造形&建物メンテナンス フィル工房

〒989-3204
宮城県仙台市青葉区南吉成7-7-17

TEL022-719-0268

作業時等お電話に応答できない場合があることをご了承ください。
着信番号に折返しご連絡致します。

お問い合わせフォーム